遺言書の価値

相続問題のときに、効力を持つのが遺言書です。相続のときに家族間の争いを防ぐために必要なものですが、その遺言書を作成すべきメリットについて詳しく知っておく必要があります。

もっと読む

悩んだら

不倫問題で、多くの人が悩んでいます。不倫の問題はデリケートなので、相談がしにくいものです。悩んでいるときには、探偵や占い師といった人たちに相談することも出来ます。

もっと読む

税理士の仕事

税金のプロフェッショナルとして、税理士が存在します。その税理士は、税金問題に関する様々な問題を解決してくれます。納税者である国民の強い味方となってくれています。

もっと読む

遺族の意思

実務が優先されることがある

一般的に、相続に関するトラブルは法律によって解決することが可能です。 しかし、昔は法律に規定されていることと実務を異なる形で適用することも珍しくありませんでした。 そもそも、相続に関しては民法の中でも最も改正が行われている法律と言っても過言ではないのです。 何度も改正が行われて、その時代に適した法律が考えられてきました。 時代に合っていない相続の解釈がある場合には民事上の裁判によって変更したり、実務の場面で変えてきたことも多かったのです。 実際、相続には多くの控除の問題や遺産分割の問題が残っています。 嫡出子や非嫡出子の問題も残されているため、民法の相続規定は現在でも法改正が検討されているものなのです。 必ずしも法律が優先されるわけではありません。

残された家族の沿った適用

相続をするときには、残された家族が最も利益を得る形で実務が行われることになります。 これは、時代と共に実務によって実現されてきた相続の手続きと言っても過言ではありません。 例えば、被相続人の遺言書が発見されたとしてもそれが残された家族の意思に完全に反するときはその遺言を無かったことにできます。 これは、遺留分の制度と関わりがあるのです。 法律では、遺言に書かれたことには従わなくてはいけませんが全ての権利を特定の者に与えると不公平になってしまいます。 そのため、遺言があっても裁判上の争いでそれをなかったことにできるのです。 こうした裁判や実務での相続の考え方は、今後の法改正によって法律にきちんとてきようされることが予測されています。

費用や歴史

税理士は様々な業務を行なってくれますが、依頼のときに必要な料金は状況によって変動します。歴史のある税理士に依頼するときには、事前にサービス価格がどの程度なのか確認するようにしましょう。

もっと読む

利用することで

交通事故に遭ったとき、被害者の場合には賠償金をもらうことが出来ますが、その賠償金の額は弁護士に依頼することで多く受け取れることがあります。保険会社と話し合う前に、弁護士に相談しましょう。

もっと読む