費用や歴史

サービスの価格傾向について

税理士とは、租税に関して、税理代理、税務書類の作成、税務相談などの税理士業務を行うことができます。また、税理士業務に付随した財務書類の作成、会計帳簿の記帳代行などの業務も行うことができます。サービス価格は毎月定期的に行うサービスと年に一度行うサービスの2つに分かれます。 毎月定期的に行うサービス価格は、訪問は1回毎に5,000円から10,000円、記帳代行は1ヶ月分5,000円から10,000円、給与計算は従業員1人あたり1,000円になります。 年に一度行うサービス価格は、決算・確定申告(消費税申告を含む)は月額顧問料の4から6ヶ月分になります。また、年末調整は従業員10人までは基本料金2万円、そこから1人増えるごとに1,000円が追加されます。 会社の従業員数や業務量によってサービス価格は変動します。

税理士の歴史について

税理士の歴史について紹介します。 1897年に商工業者などの納税事務を手伝う国税行同盟会が誕生します。 1906年に国税同盟会は納税代弁人の制度へと変化していきます。 1942年に納税代弁人は税務代理人制度へと改組され、これが現在の税理士制度の源泉になっています。 1947年に所得税、法人税、相続税に申告納税制度が導入さ、1950年にはシュウブ勧告に基づく税制改革が行われます。これらの流れを受け、1951年に税務代理士法にかわって新たに税理士法が制定されます。 1956年に税理士登録を行い、税理士会に入会しなければ業務が行えないことになります。そして1961年に登録事務が国税庁から日本税理士連合会へ移譲されます。 2006年に会社法が施行され会計参与の適格者になり、2008年政治資金規正法が改正され登録政治資金監査人の適格者になります。