利用することで

弁護士利用で賠償額増額も

交通事故にあった後、被害者の立場として不満が多いのが賠償額のことです。多くの場合、自動車保険から補償されることになりますが、その慰謝料の額は各保険会社の基準によって決定されます。これは、一般的に裁判所で認定される基準より低くなっており、被害者に不利になってしまうことも少なくありません。 そこで、弁護士に依頼して、相手に賠償を請求することもできます。弁護士が過去の交通事故の判例などをもとに適正な額を算出しますので、保険会社のものと比べて増額された賠償を受け取れる可能性が高くなります。 また、保険会社が行う示談は、担当者と相手のやり取りが見えにくくなることもありますが、弁護士を利用することで、より納得しながら交渉を進められるのもメリットです。

医師と協力して被害者を守る動き

さて、弁護士も交通事故の被害者の利益がより実現できるように、いろいろな取り組みを行っています。医師と提携することで、医学の専門家の客観的な意見を取り入れ、被害者が交通事故で負ったケガや障害を分析するところも増えてきました。こうすることで、より確実な証拠を使って、示談や訴訟を有利に進めることができるのです。 特に後遺障害が残った場合は、その等級の違いから賠償額が変わってしまうことになります。専門外の医師にかかってしまったりした場合、実際より低い等級と判断されることもあります。 弁護士事務所の中には、このような障害に詳しい医師と連携することで、適切に等級が認められ、正当な額の賠償を勝ち取る実績を積み上げているところもあり、注目されています。