遺言書の価値

遺言書を作成するメリット

相続争いはお金持ちだけに起こるものだという認識があるかもしれません。でも現実問題としてはむしろ世間一般的な人にこそ起こりうる問題だという意識をもつことが必要かもしれません。相続争いを避けるためにまずすべきことは、自分の意志を遺言書という形でしっかり残すということではないでしょうか。相続人からしても、故人の意志がしっかりしているのであれば、無駄な争いは避けてその気持ちにこたえようという気持ちが起きると思います。そういった意味からしても、遺産が少ないから、子供同士がまさか遺産のことで揉めることなんてないだろうなんて安易に思わないで遺言書を書いておくとよいと思います。遺言書は故人にとって最後の意思表示なのですから。

弁護士や司法書士に依頼するメリット

相続争いを避けるため、遺言書を作るといってもどうすればいいのっていう人は弁護士や司法書士といった専門家に相談してみるのがいいかもしれません。相続においては相続人に遺留分という権利が認められています。遺留分に反する遺言書を作成してしまうと、遺留分減殺請求をされるおそれがあり、相続人間で結局争うことにもなりかねません。他にも結婚などの際に贈与を受けていたりして、その金額が特別受益だと主張されることも考えられます。 遺言書にも種類があり、全て自筆で残す自筆証書遺言によるのか、公証役場において作成してもらう公正証書遺言によるのかによっても自身の意志の残し方も変わってきます。その点からしてもまずは気軽に専門家に相談してみるのがいいかもしれません。