税理士の仕事

最近の税理士はFPサービスをミックスしている

税理士といえば、企業の確定申告処理を代行し税務相談に乗ることを業務内容として顧問契約を結び報酬を得るやり方で、税金の専門家として君臨するイメージがありますが、最近は税理士のエリア以外の分野も併せて相談に乗ることで、顧客を増やしていこう、顧客の満足を高めようという動きがあります。 具体的には、ファイナンシャルプランナーの資格をプラスアルファとして取得して、税金分野だけでなく、社会保険分野、民間保険分野、金融資産運用の分野にも精通し、顧客に対してワンストップでいろいろな相談に乗っていくというサービスを提供している税理士が少しづつ増えているのです。 税理士の業界も楽ではないようですが、顧客にとっては魅力的な状況になっているといえます。

税理士は納税者側の立場に立って適切な申告を助言します

税理士は国家資格であり、納税者側の立場に立って適切な申告を助言したりあるいは代理で税務当局と話をしたり、申告をするのが主な仕事です。また、税理士は、税務当局による納税者への税務調査について、その代理人としてしっかりと納税者の立場で話をしてくれるということもできます。 こうした税理士を利用するのは、主に企業や高額な財産等を有する人で、サラリーマンの中にも高額の収入を得た場合には、彼らにその税務申告の代理申告などを依頼する人もいます。 この税理士が取り扱う税金は多岐にわたりますが、少額で身近な税金の場合はそもそも依頼する必要がないこともあるため、税金関係のすべてを彼らに依頼するということは、通常ではありません。